身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

高い!?10秒の壁

出そうで延々と出ない陸上100m9秒台。
10.00の日本記録到達も依然ただ一人。
高校生の桐生が10秒01出して期待沸騰。
時間の問題と思われた。
ライバルも目白押しで空前の層の厚さ。
それでも足踏みが続く。

早熟な選手が大成するとは限らない。
桐生は十代にして重圧背負わされた。
山縣やケンブリッジよりずっと若い。
まだ成長途上だと見るべきだ。

記録保持者の伊東浩司氏は大器晩成だった。
28歳で絶頂迎え、日本記録達成した。
その時完全に9秒台の力があった。
黒人を除けば世界一に等しい実力だった。
故に「アジアの風」と称された。

しかしそれまでは全然順調ではなかった。
元々400mで台頭したが途上で伸び悩み。
低迷から抜け出すため100〜200に挑戦。
高野進氏の影響で、スピード増すためだ。
その結果地道な努力が実った。
9秒台未達は不運、運命としかいえない。

逆にピークが十代という選手もいる。
桐生は重圧に苦しんだが成長の余地がある。
このままでは終わらないだろう。

年長のライバルも含めまだみんな若い。
意外に伸びる、伸びないことも多々ありうる。
今後もドラマにこと欠かないだろう。

お粗末?ライザップ

社名覚える気もないが記事なので表記。
テレビに有名人の成功例をたれ流す。
いやでも目にしてしまう。
批判的にならざるをえない。

事前の姿は大きく姿勢を崩している。
事後は最良の姿勢をとらせる。
それでも人前に出すほどの代物ではない。
笑顔でこんなにきれいになりました?。
それほどには見えない。

そもそも事前がひどすぎる。
ひどいのが普通に戻っただけ。
男ならまだしも女は見るのがつらい。
事後もただのおばさんに見える。

そもそも高いのだから効果は当たり前。
なければぼったくりの詐欺商売。
姑息なCM流さなければ批判もしない。
くりかえすがモデルがいたすぎる。

鳥が一匹?

アナウンサーが鳥を一匹と数える。
これまで何人も見た。
国語力の低いアナが増えている。
だがあくまで個人的な発言だった。

それがついにニュースに表れた。
つまりニュース原稿が鳥を一匹と。
国語力崩壊が広がっている?。
なんでも一個と数えるのと同じ現象。

ウサギを一匹と数えるのは許容範囲。
他の小型哺乳類は一匹が一般的だから。
魚を一匹も許容範囲。

しかし鳥は違う。
鳥の特徴、本質を表している。
数え方で鳥と理解できる。

数え方が存在の性質を表している。
それが言語の洗練、奥深さ。
全部共通にするのは退化だ。

大統領はバカがなる?

世界のリーダー米大統領はバカばかり?。
クリントンは執務室で不適切な行為。
ブッシュの退任時は罵声の嵐。
二期務めた大統領の尊厳など微塵もなし。

オバマはノーベル平和賞が最大実績?。
でも任期中に世界の混迷は深まっていた。
それでも前任者が悪すぎたので助かってる。

かと思えば今度はトランプ大統領。
ブッシュ氏は喜んでるかもしれない。
俺よりイメージ悪いのが出てきたと。
唯一の超大国がこのていたらく。
他も推して知るべし?。

隣の半島もひどいのばかり。その隣も。
表題がそのまま当てはまりそう。
世界に尊敬される大統領がどれほどいるのか。
もちろん日本も他人のことは言えない。

近年米国の空母は大統領の名前がつく。
それも比較的最近の。
いずれブッシュ、カーター、クリントン。
オバマがなるのだろうか。
それで士気が上がるのだろうか。
嘲笑が起きそうな気がするが。