身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

不滅?覚醒剤

昨年の覚醒剤摘発押収量が過去最高。
前年の3.6倍に達したという。
他の不正薬物を加えた合計量も過去二番目。
つまり汚染が広がっている証。

戦後の混乱期ヒロポンの名で流行した。
敗戦による混乱と貧しさが温床とされた。
今とは状況がまったく違う。
経済は長期停滞中なれど、豊かな先進国だ。

不正薬物が全部摘発される訳ではない。
取り締まりをすり抜けて多くが流通している。
世界一安全とされる日本の治安下でも。
有名人の汚染も後を絶たない。

日本だけではない。先進国共通。
簡単にいえば買う金があるからだ。
麻薬関係は途上国が生産、先進国が消費する。
身の破滅が分かっているのに止められない。

先進国は教育が行き届いているはずだが。
先進国ほど病んでいる?。
身を滅ぼすと言われるほどやりたくなる?。
今のところつける薬が存在しない。

新鋭続々フィギュア

浅田真央の前途は多難だが後続が続々登場。
日本だけでも有力な女子選手が目白押し。
世界に通用する選手たちが。
日本人だけでなく東洋系の活躍が続く。

これはフィギュアだけの特異な現象だ。
美を表現する競技は他にもある。
体操や新体操などだがこちらは白人中心。
有名な名選手はほぼ白人。

東洋系の五輪メダリストはいるが少ない。
有名な選手はほとんどいない。
だから答えられる人はいないだろう。
日本人も皆無ではないがゼロに近い。

いったい何が違うのか、原因なのか。
疑問に思う人はいないらしい。
似ているようでも同じではない。

一番の違いはフィギユアは氷上。
それが東洋人に有利に働く?。
有利ではなく、条件が同じになる。
技術を磨けば世界の頂点に立てる。

石原氏の晩節

映画界の大スターと作家にして大物政治家。
共に時代の文化を担った。
華麗な兄弟の兄は最晩年を迎え、風雲急。
青嵐会の最後の生き残りでもある。

人生の仕上げをするときがきた。
成功者が晩節を汚す例は数知れず。
弟はその前に早世、伝説となった。

ダンディーな容貌もさすがに変貌。
衰えを映している。
さっそうと立つことも歩くことも難しそう。
あとは気力だけが頼り。
はたして兄弟の名声傷つけず終わるか。

息子たちも父の存在感には及ばない。
同じ政治家の道を選んだ長男も。
それぞれ活躍しているが親兄弟ほどではない。

弟も昭和が遠ざかるにつれ、知名度下降。
時代を超えてとはいかないようだ。
黒澤明監督作品とゴジラは時代を超えている。
世界的な名画として。

弟は作品より本人の魅力が印象的。
世界的名画は残していない。
日本文化の中に咲いた花だ。

今だ高値Windows

世界で普及しているOSは無料が普通。
といっても過言ではない。
スマホの二強、IOSとAndroid共に無料。

PCもLinux、macOS共に無料。
その他のOSも無料。
という時勢に唯一例外がある。

それがWindows。
それも手頃な価格ではない。
激高、超高値といっても大げさでない。

現行の10が2万円台、旧版でも1万円台。
Windowsでできる事は他のOSでもできる。
価格差のような優劣はまったくない。

それでも不満の声をあまり聞かない。
時代錯誤とも思える高値に対して。
思考をコントロールされているのか。
もっとも未だXPユーザーもいるらしい。

時間が止まっているかのようだ。
日進月歩の世界のはずなのに。
だからかスマホでは取り残された。