身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

日本の年末年始

世界ではバカ騒ぎが多い。
花火をあげたり、爆竹を鳴らしたり。
酒を飲んで一晩中騒いだりと。
年越しが宗教的祭祀ではないからだろう。

日本は神道に由来する宗教的祭祀。
さらに除夜の鐘など仏教も絡む。
きわめて厳かに新年を迎える。

宗教離れ著しく、伝統文化は衰退基調。
それでも年越しの伝統は根強い。
はたして今後も続くなのだろうか。

欧米真似して騒ぐ連中が増えるかも知れない。
欧米文化の模倣が未だ止まらないだけに。
代表例がクリスマス。

だがただの真似だから信心とは無関係。
だから享楽的に騒ぐイベントに近い。
本物のキリスト教徒は逆に厳粛。
日本の正月に近い。
だが日本の正月真似する欧米人はいない。

解説者池上彰氏

最近はあらゆる問題を解説する。
元々はNHKのキャスター、ジャーナリスト。
NHK時代から話が軽妙で、ダジャレが得意。

今はその話術を生かして諸問題の解説者。
現代の語り部のように縦横無尽の活躍。
大きな出来事あると氏の特番が組まれる。
年末の今は連日、各局を跨いで特番続き。

解説は非常に分かりやすい?。
だから視聴率も稼げる。
だから引っ張りだこになる。

だが理解した気になるのは錯覚だ。
断片的な知識をえたに過ぎない。
そもそもテレビ番組にそんな力はない。

池上氏の解説はほとんど初歩の初歩。
テレビは深層、真相を伝えるメディアではない。
見ただけで終わればほとんど忘れるだろう。
知る努力をしないならむしろ忘れた方がいい。
知った気になる方がはるかに怖いからだ。

不死鳥?鈴木宗男氏

マスコミからバッシングの嵐。
逮捕長期拘留、実刑判決、収監。
政治生命は終わった。
そのとき、そう思った人が多いのでは。

だが再び存在感増してきている。
仕事師として積み重ねた経験。
それが求められている。
安倍首相も頼りにしている。

元々行動力抜群、ときに荒っぽいほど。
敵も多かったことだろう。
それが裏目に出て墓穴掘った。
かに見えたが、よみがえりつつある。

なぜ最悪の逆境につぶれなかったのか。
氏を支える人々がいたからだ。
普通は落ち目の人間から人は去る。
だが氏には家族を始め、熱い支援者がいた。
でなければ表舞台から消えている。

中森明菜復活?

7年ぶりにファン待望の復活をはたした。
聴衆の前に立ち、力強く歌った、らしい。
報道によると。

完全復活かどうかはまだ分からない。
健康不安の期間がかなり長いだけに。
無理をしないで気楽に臨んでほしい。

健康管理が一番重要だ。
不十分で頑張ると必ず悪い結果招く。
そういう先例が多々存在する。

もし自分で満足できなければまた即休養。
命を削るような活動はして欲しくない。
健康であれば歌手は長持ちする。
高齢になっても現役可能だ。

まず健康に見えなければならない。
それが完全復活の証になる。
みんなそれを望んでいる。
時代を代表する歌手だけに。