身体美学ブログ

やはり敵は人間

ウィルスは人間の隙をついてくる?。
ではない。
隙のある人間が勝手に拡散している。

感染者を責めるべきではない?。
中には不可抗力的な例もあるだろう。
万全な対策しても絶対はない。
だが多くは対策の甘い人々だ。
ウィルスが選択している訳でない。
一部の医療関係者も含めて。

もし確実に死ぬ病なら結果は違う。
治療費が有料でも違うだろう。
みんな徹底的に対策をするはずだ。
米国人もみんなマスクするだろう。

死亡率が高くないから甘くなる。
ウィルスに拡散する能力はない。
毎回書いているが。
甘い人間が拡散させている。

全国民、全人類が一致団結すれば簡単。
最短で終息する。
であればすでに終息しているだろう。
それができないから今の事態になった。
過去に何度も起きているのにできない。

ウィルスとの戦い?。
実態は人間同士の争い?。
ウィルス同士は争っていない。
人間と戦う意思もない。すべて人間次第。

敵は人間?

ウィルスは必ず終息する。
宿主を滅ぼすという戦略はないからだ。
DNAを残すことが唯一の目的。
そのためには宿主は多い方が有利。

ウィルスで絶滅した生物はいない。
(例外の可能性はありうるが。)
だからこそ多様な生物が現存している。
人類誕生以後の絶滅種はほぼ人間が原因。

善良な人類と邪悪なウィルスとの戦い?。
ウィルスは人類に敵意などない。
世界中に拡散する意思も能力もない。

人間社会に引きずり出したのは人間自身。
拡散させているのも人間自身。
まさにパンドラの箱を開けたに等しい。
過去に同じことが度々起きているのに。

最悪の事態招いた米国とイタリアが象徴的。
両国とも当初我が国の対策は万全と豪語。
過信の結果と言わざるをえない。

敵はむしろ人間と言えなくもない。
不要不急の外出デマ差別買占め転売罵り合い。
すべて人間がやっていること。
ウィルスが人間性浮き彫りにしている。

全員が今やるべきこと理解してやる。
それが最短で終息させる道なのだが。
できないならやはり敵は人間だ。

ウィルスが暴く!?

何を暴くのかといえば人間の愚かさ。
ウィルスは最も単純な生物。
もし目に見える大きさだったならば。
人はこう考えるだろう。
こいつらは脳がないからバカなんだ。
それが近代文明の生物観だからだ。

その最も下等なはずの生物が人間を翻弄。
最も高等?なはずの人間を。
逆に愚かさを暴かれている。

荒唐無稽なデマに踊らされている。
ウィルスならぬ人間が生むデマに。
標的はついにトイレットペーパーに。

往年の石油ショックの時と同じ現象。
経験があるだけに今回はよりお粗末。
過去から何も学んでいない。

再生紙が適した商品。
古紙は国内にありあまっている。
原料がなくなるはずがない。

洗浄便座が普及し需要減っているはず。
需要が生産力超えることはありえない。
買い占めは恥ずかしいこと。
無知の証明以外の何者でもない。


ウィルスは不滅!?

人類を翻弄し続けるウィルス。
いくら科学進化しても制御できない。
ただ防御しかできない。

ただ今中国発の新型肺炎が世界を翻弄。
しかしこれも新種の一つに過ぎない。
人や動物に感染する新種が次々現れる。

毎年冬はインフルエンザが流行る。
新型肺炎の影で米国は大流行。
すでに死者が一万人超えている。
現時点の新型肺炎の十倍以上の数字。

制御できないから毎年必ず流行る。
なぜ制御できないのか。
敵は地球上で一番単純な生物。
単純過ぎて不完全な生物。
自力で生き残れない出来損ない?。

なぜ滅びずはびこるのか。
巧妙な生存戦略を持っているから。
人間はその戦略に翻弄されている。
遺伝子と器だけの存在なれど。

人類より遥かに長い歴史を持つ。
それはほぼ生物史に等しい。
幾多の大絶滅を乗り越えて。

彼らは宿主がいる限り生き残る。
つまり全生物が滅びない限り。
人類より先に滅びることはないだろう。

英国ついにEU離脱

国民の総意ではまったくない。
残留派も非常に多い。
迷走の果ての離脱の印象。
国民を分断するような船出だ。

離脱派は歓喜に湧いている。
残留派は暗黒の幕開けと嘆く。
と完全に対極の分断の様相。

なぜここまで分かれるのか。
ものの見え方は人によって違う。
同じもの見ても同じには見えない。
情報処理は頭でされるから。
頭の中身が違うのだから必然だ。

果たしてどっちが正解なのか。
いいかえるとどっちがアホなのか。
結果が出るまで分からない。

いずれ愚かさを思い知る時が来る?。
どちらかにそのときがくる。
旧超大国の多くの国民がだ。

英国ばかりではない。
地球上の多くの国が迷走している。
先進国と言われる国々も。
結局人類社会が迷走している?。