身体美学ブログ

日産ゴーン会長逮捕!

救世主、カリスマ、スター経営者。
かつてのゴーン氏のイメージだ。
事実苦境にあった日産を再建した。
その手腕に偽りはない。

なのになぜ?。
見事に演じてくれました転落物語。
英雄が自ら墓穴を掘る構図。
自ら功績を台無しににした。

アップルを再建したジョブスとは大違い。
ジョブズは高い報酬を求めなかった。
復帰後しばらくは年棒一ドルだった。
つまりほぼ無給。

アップルを再建することがすべてだった。
元創業者として。
同社を再建、巨大企業に育てても変わらず。
彼の自宅は意外なほど質素だった。

死去したときユーザーが涙を流した。
企業経営者としては稀有な現象だ。
一方巨大報酬を得ていたゴーン氏。
にもかかわらず不正、何が氏を狂わせた。

予想通り?北朝鮮

やはり核開発継続が濃厚。
だとしても誰も驚かない?。
想定内と感じている人も多いのでは。

世紀の会談ならぬ世紀の茶番。
世紀の猿芝居、がふさわしい。
世界中が注目するにはまったく値しない。
だから筆者は見なかった。
それでも映像が目に飛び込んできたが。

マスコミは詐欺師に踊らされたに等しい。
歴史的会談の表現が滑稽で恥ずかしい。
ただ政治的会談は大半が猿芝居ではある。

それでも歴史を動かすことはある。
米朝の場合はほとんど無意味。
主役二人が世界を動かすような人物でない。

どちらも世界を混迷させるばかり。
尊敬する人がいるのだろうか。
消えても困る人は少ない。
むしろ消えた方が世界に貢献できる。
犯罪国家も超大国も政治家は大差ない?。

歴史的?米朝会談

表題がふさわしいかは微妙。
世界的懸案だからマスコミは大報道。
しかし歴史的意味を持つかは不透明。

何より主役二人が胡散臭すぎる。
正体は狐と狸なのではと感じてしまう。
ついこの間まで罵り合っていただけに。

政治の素人と独裁一家三代目若旦那。
絵面も目に毒々しい。
なので映像もまともに見ていない。

両者はさぞ気分がよかっただろう。
晴れ姿?を大注目されるのだから。
彼らが世界を平和に導くとは想像し難い。

大山鳴動してネズミ一匹。
という結末が非常に多い。
政治的イベントの多くが。
期待しないほうが賢明だろう。

すべては今後にかかっている。
短期では判断できない。
いい方に外れればハッピーだが。

CPU脆弱性問題

IT機器の頭脳、プロセッサに脆弱性発覚。
大半の同チップに当てはまるとという。
少数のメーカーが独占的に君臨する業界だが。
大きく報道されるのは重大さ故。

小さな欠陥だとニュースにはならない。
欠陥、バグはあって当たり前だから。
すべてのIT機器、商品に例外なく。
むしろ高度な仕組みになるほど増える。
極論するとIT機器は欠陥に満ちている。

自動車にもリコール問題が必ず起きる。
起きないメーカーは存在しない。
メーカーに欠陥がある訳ではない。
防ぐ努力はみんなしている。

現実は努力していても防げない。
いくら優秀な人材が揃っていても。
それが人間の力の限界だから。
ユーザーはそれを承知で使う必要がある。

メーカーにできることは地道に改善すること。
それに尽きるだろう。
それとクレーマーにうまく対応すること。