身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

快進撃!最年少プロ棋士

驚異的な新人が出現、藤井聡太四段。
14歳の少年が百戦錬磨のプロを次々打ち破る。
天才、怪童、神童などの表現もあるが。
それすら超えている観。

匹敵する例が見当たらないほどの快挙。
こういうときはよくスポーツに例えられる。
少年が大人の世界王者を破るに等しい?。

だがスポーツに例えるのは適当でない。
スポーツでは絶対ありえないからだ。
将棋でもありえない?。
いや今現実に起きている。

やはりスポーツとは本質的に違うからだ。
スポーツでは体に大人と子供の差がある。
頭脳は身体とは次元が違う。
奇跡的なれど将棋だから起こりえた。
頭脳の可能性を実証しているとも言える。

早熟の天才は伸び悩む例も多い。
最初の成功が大きいほど罠に陥りやすい。
だが今の勢いはそんな不安を寄せつけない。
順調に育つことを期待したい。