身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

サムスン好調?

サムスンのスマホはiPhoneのパクリ?。
で裁判になりサムスンが敗訴した。
しかしスマホ事業は成功。
シェア世界一になり、ブランド力獲得。

昨年は看板スマホが欠陥で販売中止。
大きく信頼を損ねた。
ところが意外に傷は浅かった。
今年の新製品は高く評価されて好調。

傾くどころか業績は好調。
スマホのシェア世界一も揺るぎない。
ただスマホが牽引している訳ではない。

シェア世界一は低価格帯で数稼いだ結果。
利益は二位のアップルよりずっと少ない。
好調を牽引しているのは半導体事業だ。

半導体事業も元は日本からの技術流失。
なれど日本を凌駕するまでに成長発展。
日本トップの東芝は身売りの運命。

日本人は韓国を熟知している。
だからブランド力を感じていない。
だが世界では落ち目の日本以上。
アンドロイド系の最高ブランドだ。