身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

サムスン危機で韓国危機

日本でも報道されるようになってきた。
問題の大きさが分かってきたのか。
問題は単純なミスではなく、根は深い。
無理を重ねて、起こるべくして起きた。

予見していた人も多いのでは。
筆者もその一人。
アップルの本当のライバルではない。
本当のライバルはグーグルだ。
OSを支配しているのグーグだからだ。

OSなくしてハードは機能しない。
サムスンは組立てメーカーの一つに過ぎない。
同社は自前のOS開発に挑んだこともある。
しかし組立て屋には難しく、未だ実現せず。
グーグルの支配に甘んじている。

アップルはサムスンこけても影響は一時的。
本当の敵、グーグルは健在。
今後の戦いが有利になる訳ではない。

影響が一番大きいのは韓国自体。
韓国経済を支える最大の財閥だけに。
同財閥の屋台骨がサムスン電子。
なのに致命的欠陥、民族的な根の深さ感じる。

サムスンを一番知っているのは日本の消費者。
発火事故が前から起きていたことも既知。
日本では社名を消して販売されていた。
それが世界ではブランド!??。