身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

iPhone10年

二十年前アップルは危機に瀕していた。
そこにジョブズが復帰してきた。
だが同社の復活を予見したメディアは稀有。

同社はジョブズの大改革で短期間で大変身。
自分の不在時に傷んだリンゴを蘇らせた。
だが同社の変身を認識したメディアは稀有。
つまりジョブズの実力を認識できなかった。

iPodも当初はほとんど注目されず。
ヒットに気づいて国産メーカーも追随。
ソニー等がシェアを奪うと予想された。
だがiPodの独走を崩せなかった。

iPhoneも成功を予見したメディアは稀有。
あんなものは日本では受けないと。
低迷の報道が流れるとそら見たことかと。

当時のauの社長は報道信じて言った。
「iPhoneの失速は想定内」。
当時auは大手の中で一人負けしていた。
自社の失速も予見できないのに。

しかしiPhoneは成功し、世界を変えた。
だがメディアは変わってない。
これからも外れた報道垂れ流すだろう。

2017年予想?

年明けて今年の展望、予想がメディアに氾濫。
専門家、有識者と言われる人々から。
参考になるものが果たしてどれほどあるのか。
個人的にはせいぜい1〜2割と考えている。

雑誌記事は多くが見ない方がまし。
買う金も、読む時間ももったいない。
雑誌の部数の減少が止まらないが当然と思う。

米国では大統領選で大手メディアが総崩れ。
大手の記事があてにならないことを証明した。
ミスを認めて謝罪していたが。
それも当然のことであり、評価に値しない。

彼らが無能というより予想が難しくなっている。
(無能の可能性も多分にあるが。)
世界はますます混迷が深まる。これは確実だ。

だからマスコミ情報はますますあてにならない。
鵜呑みにするくらいなら知らない方がまし。
情報がかえって人を無知にする。
その対応に知性が表れる。

日本の年末年始

世界ではバカ騒ぎが多い。
花火をあげたり、爆竹を鳴らしたり。
酒を飲んで一晩中騒いだりと。
年越しが宗教的祭祀ではないからだろう。

日本は神道に由来する宗教的祭祀。
さらに除夜の鐘など仏教も絡む。
きわめて厳かに新年を迎える。

宗教離れ著しく、伝統文化は衰退基調。
それでも年越しの伝統は根強い。
はたして今後も続くなのだろうか。

欧米真似して騒ぐ連中が増えるかも知れない。
欧米文化の模倣が未だ止まらないだけに。
代表例がクリスマス。

だがただの真似だから信心とは無関係。
だから享楽的に騒ぐイベントに近い。
本物のキリスト教徒は逆に厳粛。
日本の正月に近い。
だが日本の正月真似する欧米人はいない。

解説者池上彰氏

最近はあらゆる問題を解説する。
元々はNHKのキャスター、ジャーナリスト。
NHK時代から話が軽妙で、ダジャレが得意。

今はその話術を生かして諸問題の解説者。
現代の語り部のように縦横無尽の活躍。
大きな出来事あると氏の特番が組まれる。
年末の今は連日、各局を跨いで特番続き。

解説は非常に分かりやすい?。
だから視聴率も稼げる。
だから引っ張りだこになる。

だが理解した気になるのは錯覚だ。
断片的な知識をえたに過ぎない。
そもそもテレビ番組にそんな力はない。

池上氏の解説はほとんど初歩の初歩。
テレビは深層、真相を伝えるメディアではない。
見ただけで終わればほとんど忘れるだろう。
知る努力をしないならむしろ忘れた方がいい。
知った気になる方がはるかに怖いからだ。

不死鳥?鈴木宗男氏

マスコミからバッシングの嵐。
逮捕長期拘留、実刑判決、収監。
政治生命は終わった。
そのとき、そう思った人が多いのでは。

だが再び存在感増してきている。
仕事師として積み重ねた経験。
それが求められている。
安倍首相も頼りにしている。

元々行動力抜群、ときに荒っぽいほど。
敵も多かったことだろう。
それが裏目に出て墓穴掘った。
かに見えたが、よみがえりつつある。

なぜ最悪の逆境につぶれなかったのか。
氏を支える人々がいたからだ。
普通は落ち目の人間から人は去る。
だが氏には家族を始め、熱い支援者がいた。
でなければ表舞台から消えている。

中森明菜復活?

7年ぶりにファン待望の復活をはたした。
聴衆の前に立ち、力強く歌った、らしい。
報道によると。

完全復活かどうかはまだ分からない。
健康不安の期間がかなり長いだけに。
無理をしないで気楽に臨んでほしい。

健康管理が一番重要だ。
不十分で頑張ると必ず悪い結果招く。
そういう先例が多々存在する。

もし自分で満足できなければまた即休養。
命を削るような活動はして欲しくない。
健康であれば歌手は長持ちする。
高齢になっても現役可能だ。

まず健康に見えなければならない。
それが完全復活の証になる。
みんなそれを望んでいる。
時代を代表する歌手だけに。

肉食化進む?日本

今日は肉の日?。NHKが肉特集連発。
野菜の日はなくても肉の日はある訳だ。
グルメ、ごちそうといえば肉。
ほぼメインに肉の画像が出てくる。

伝統的な和食より肉料理が人気。
医学からも肉食が奨励されている。
若者も高齢者も肉食化が進んでいる。

肉食は豊かさ?、経済発展=肉食嗜好。
全人類が肉食化したらどうなるか。
人口の多い新興国が肉食化すると。
畜産は環境負荷が大きいので地球が持たない。

日本は先進国なのに肉食化が進行中。
米や魚の消費は急減している。
肉を出せばみんな喜ぶと思っている。
本物の和食は衰退傾向にある。
誰も深く考えることなく。

成功者トランプ氏

ついに米国大統領にまで上り詰めた。
しかしその過程は散々だった。
当初は泡沫候補扱い。

それが予想に反して勝ち上がっていく。
ついに本物の候補になるとバッシングの嵐。
大手メディアが軒並み全否定。

彼を大統領にしてはならない。
人格すら否定するがごとく。
大統領に決まっても認めないデモの嵐。
米国の恥とまで罵倒されて。

しかし彼が成功者であるのも事実。
事業で成功し、富を築いた。
美女を妻にして、家庭も築いている。
凡人にはとても真似できない。

大多数の人は彼ほどの成功していない。
そしてついに米国大統領になった。
批判するだけでは勝てない。
勝者はトランプ氏なのだ。
ただ大統領として成功するのは困難だ。

ヒラリー氏の晩節

結局2度目の挑戦も夢叶わず。
1度目も民主党本命候補なれど、予備選で逆転負け。
今回は早くから大本命とされていた。

だが時の経過とともに尻すぼみ。
最後は泡沫候補?然のトランプ氏に逆転負け。
結果的にトランプ氏の引き立て役になった。

では勝っていたら栄光が待っていたか。
その可能性はきわめて低い。
彼女の夫も含めて皆評価を落としている。
ブッシュ氏は最後罵倒されながら去った。
現大統領も結局何もチェンジできず。

ヒラリー氏は負けてよかった?。
出馬しなければもっとよかった。
悪いイメージが広がることもなかった。

初の女性大統領という夢だけ見ていた。
結果が出るまで悪夢と気づかなかった。
悪夢から覚めて我にかえったことだろう。

早くもクリスマス

まだ11月上旬、一カ月半以上前だ。
なのにもうクリスマスムード?。
煽るテレビCMすでに複数確認。
それほど見ている訳でもないのに。

かくも早くから煽るイベントは他にない。
盆や正月も遠く及ばない。
日本の伝統的祭祀は衰退するばかり。

日本のクリスマスは祭祀ではない。
宗教的根拠のないただのイベント。
キリスト教文化を真似ただけの。
されど最大級のイベント?。

正月よりクリスマス飾りの方が派手?。
国旗は飾らないがツリーは飾る?。
ハロウィーンの次はクリスマス。
その次はバレンタイン?。