身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

婚約内定!眞子様

最も多くの日本人が無条件に喜べる。
それが皇室の慶事。
他人の幸せなど興味なくてもこれは別格。
人類史でも稀有な歴史の重みを感じさせる。

しかし婚儀を国民が祝うのは伝統ではない。
特に女性皇族は皇室を離れるだけに。
祝うようになったのは明治以降だ。

武家政治が終焉し、皇室の役割が変化した。
昭和の戦後以降さらに変化した。
より国民に身近になった。
国民と直接接するようになった。

災害があれば被災地へ赴く。
被災者の前にひざまづいてお見舞いする。
天災が多いだけに見慣れた光景になった。

国民の安寧を願い、世界平和も祈念する。
世界でも唯一無二と言えるほど特殊。
神聖さと親しみが両立している。
婚約内定でも明るい大ニュースになる。

快進撃!最年少プロ棋士

驚異的な新人が出現、藤井聡太四段。
14歳の少年が百戦錬磨のプロを次々打ち破る。
天才、怪童、神童などの表現もあるが。
それすら超えている観。

匹敵する例が見当たらないほどの快挙。
こういうときはよくスポーツに例えられる。
少年が大人の世界王者を破るに等しい?。

だがスポーツに例えるのは適当でない。
スポーツでは絶対ありえないからだ。
将棋でもありえない?。
いや今現実に起きている。

やはりスポーツとは本質的に違うからだ。
スポーツでは体に大人と子供の差がある。
頭脳は身体とは次元が違う。
奇跡的なれど将棋だから起こりえた。
頭脳の可能性を実証しているとも言える。

早熟の天才は伸び悩む例も多い。
最初の成功が大きいほど罠に陥りやすい。
だが今の勢いはそんな不安を寄せつけない。
順調に育つことを期待したい。

迷走する山口組

組織として不安定な状態が続く山口組。
内部抗争が絶えない。
根源は巨大化した結果だと言える。

三代目組長の時代に巨大組織に発展。
同組長のカリスマ性が時代とマッチした。
彼が頂点にいることで安定していた。

彼が死亡するとたちまち不安定に。
一枚岩が分裂対立の巣窟に様変わり。
三代目にかわる人物がいないからだ。

その後組織は存続している。
だが2度と一枚岩にはならない。
三代目の時代の山口組には戻らない。

つるんでは分裂する政党と同じ?。
組織の原理は同じであろう。
圧倒的カリスマがいないと安定しない。

なりたがる人物はいくらでもいるが。
なりたがる情熱と力量は別物。
世界を見てもまったく同じ。
世界的な混迷を誰も止められない。

ウェブは詐欺の温床

アマゾンにも詐欺業者が出現。
絶対安心はないことを見せつけた。
詐欺ECサイトは以前から跳梁跋扈。

商品を検索すれば上位に堂々名を連ねる。
大手検索サイトを騙すのは簡単らしい。
大手ショップを装った偽サイトもある。
ただ特徴を知れば見抜くのは簡単。
以下その特徴。

◎値段が相場からかけ離れて安い。
◎クレジットカード可と謳いながら不可。
◎支払いは銀行振込のみ。
◎口座名義が個人名。

値段が不自然に安い、これが一番。
確かに値崩れは何にでも起こりうる。
だがその場合、他も安くなる。

ただでさえECサイトは安さが命。
一店だけ突出することは普通ありえない。
最安価格からせいぜい数%以内が限度。
それ以上安いのは異常。
騙される方が悪いと言えなくもない。

世界最強米空母

先の大戦以降、兵器の体系は様変わり。
核やミサイルが戦略戦術の中心になった。
従来型の兵器は相対的に実用性低下。

しかし空母は依然海軍最大の戦略兵器。
米海軍が世界最強なのも空母の威力。
世界一の空母の開発及び運用能力を持つ。
先の大戦で実戦を積み重ねているからだ。

相手は旧日本海軍。
日米戦は空母対決といっても過言でない。
その経験が今も生きている。

中国の中古ボロ空母など敵ではない。
もちろん北朝鮮も敵ではない。
北朝鮮が米空母と戦うことなど不可能。
韓国や日本を攻撃するしかない。

歴史上対抗できたのは日本海軍のみ。
開戦当時世界最強の機動部隊だった。
今誇りにできるような問題ではないが。
米海軍もその戦いで磨かれた。
埋もれた歴史的事実だ。

世界一?貧相な軍隊

北朝鮮の軍事パレードは西洋の真似。
行進を美しく壮観に見せるステップが。
(足を高く上げるグースステップ)
西洋で発達した文化、美意識だ。

西洋では一般的だが東洋にはない。
アジアでもインドなど白人系には見られる。
東洋人文化圏では今も見られない。
コピーしているのは北朝鮮ぐらいか。

特にナチスドイツがモデルらしい。
随所にその片りんが見られる。
しかしまったく水準が違う。

八頭身級が居並ぶナチ親衛隊とは大違い。
兵器はハリボテでごまかせる。
だが兵士は六頭身前後の体格が隠せない。
本家と比べると子供の行進のようだ。

違いに気づいていないのだろうか。
真似するほど違いが目立つ。
欧米人はそう感じているだろう。

第一書記の演出も同じ。
ヒトラーのようには計算できていない。
真似しても中身、血と文化は東洋人。
もっともモデルとは違う方がいい。
ナチのような暴走はしないことを願う。

浅田真央引退

昨日から最大級のニュース。
一般ニュースもトップで報道。

近年国民的ヒロインは死語に等しい。
そんなヒロインはもはや存在しえない。
と思われたが彼女は例外。

しかもスポーツ選手。
おそらくだからこそなりえたのだろう。
芸能アイドルではやはり考えにくい。

しかしスポーツ界でもまず前例がない。
女を売る要素を持つ競技ではあるが。
国民的なのは人格的要素が大きい。

だが人格を持ち上げるのは控えよう。
彼女は故人ではないからだ。
長い第二の人生が待っている。
まだ若い彼女に人格を期待するのは酷。
また余分な重圧を与えることになる。
性悪な女でもけっこう。

泣き顔の映像を流すのも控えてほしい。
すでに何度も見ている。
やはり笑顔の方がいい。
嬉し涙ならけっこうだが。

Androidの未来

ウェブの利用や台数でAndroid首位。
Windowsを超えた!と大ニュースに。
時代の転換を示すからだろう。

WindowsのピークはXPの時代。
そのまさに絶頂期が迷走の出発点。
5年かけて開発した次期ビスタが大失敗。
XPの四倍売れると豪語したが。

ビスタ以降も時代から遅れるばかり。
そしてついに首位転落が現実に。
AndroidがWindowsと入れ替わった?。

確かに状況は似ている。
シェアは高いが個々の企業の利益は低い。
黒字を出すのが必死という企業が大半。
Android同士で競争して疲弊していく?。
やがてWindowsと同じ道を歩む?。

ただ両者はまったく同じではない。
GoogleはAndroidを無料で提供している。
そんなに利益は出してはいない。

一方MS社は独占的に荒稼ぎした。
極薄の利益に苦しむPCメーカー尻目に。
OSはコピーするだけで利益を生む。
その後の迷走はあぶく銭にまみれた結果?。

Googleの方がその点はまし。
ただ難しくなっていくのは間違いない。
正念場はこれからだ。

ホンダ神話崩壊?

マクラーレンホンダ伝説風前の灯火。
復帰当初の苦戦は想定内。
2年目の苦戦も許容範囲内。
批判に対し、擁護する声も多かった。

しかし3年目の今年も進展なし。
むしろ後退したという見方もある。
今期も絶望的という声が出ている。
もはや擁護する声も聞こえない。
開幕したばかりの段階で。

バトン選手は引退して正解だった?。
前回参戦時のホンダのエースドライバー。
だが優勝は一回のみ。
苦戦を強いられることが多かった。
マシンがよければもっと優勝していた。
今回も2年間苦戦を強いられた。

一方今時のエース、アロンソは悪夢。
往年の伝説再来の夢見て契約したのに。
選手生命はもう長くない。
いつまでもどん底状態につき合えない。

はたして本当にどん底が続くのか。
起死回生の可能性があるのか。
このまま終わるとは思いたくないが。
前回そうだっただけに。

久々野球が主役

近年は視聴率ランキング圏外が常態。
日本シリーズですら圏外が少なくない。
年間逆パーフェクトもある。
つまり年間一度も上位30入りがない。

だがWBCではスポーツの主役に躍り出た。
週間視聴率ランクダントツ。
前回大会以来だろうか。

惜しくも準決勝敗退したが熱狂を呼んだ。
注目集めただけに野球人気は回復するか。
現実はそう簡単ではない。

国際大会でないと視聴率が出ない。
しかも四年に一度しかない。
元々もっとも熱狂するのは主に日韓。
大会を支配する米国は逆に今ひとつ。
韓国も冷めたのか予選で敗退。

さらに世界が注目している訳でもない。
球技の中ではマイナーなのが現実。
視聴率低下は米国内でも起きている。
だから五輪でも正式種目から外された。
内外で人気を得る道のりは遠く険しい。