身体美学ブログFhysical Aesthetics Blog

iPhone7好調?

今回アップルは週末の販売数を公表しない。
だから数字は不明だが、好調と伝えられる。
しかも重視したという日本だけではない。
いずれ販売の実態は明らかになる。
いい結果出たら酷評したメディアはどう答える?。

ライバル、サムスンが爆発事故でこけたから。
なんて言い出しかねない。
サムスンを過大評価する傾向があるからだ。
アップルを過小評価するメディアは。
しかしサムスンはシェアが高いだけ。
利益では常にアップルが最大。

iPhoneを買う人間がアホ?、アホが多い?。
最後にはそういうことになる。
大して魅力ない高い端末を買うのだから。

ではそういう記事書く記者は賢いのか。
賢いならなぜ間違った記事書く。
それらの記者にはもう一つ共通点がある。

端末自体の専門的評価はできないという点だ。
それだけの知識を持っていない。
ただ悪い情報を並べてネガティブ記事書くだけ。
だからマスゴミなんて言われるのでは。

最も正確なのは使いこなすユーザーの評価。
使いこなせないユーザーはあてにならない。
マスゴミの評価はもっとあてにならない。

アップルは鏡

マスコミのアップル報道の定型化進む?。
大手メディアが軒並み間違いだらけ。
iPhoneの日本発売初年は、販売失速不振と報道。
日本では受けないと予想したメディアは得意げに。
つまり成功をまったく予見できなかった。

その不明ぶりは今も変わらない。
iPhone7に対する報道でも顕著。
NHK他多くが同じ論調。
不振が続き、唯一好調の日本市場重視したと。

不振の根拠は販売の減少が続いていること。
だが不振という表現は明らかに間違い。
依然として巨大な利益を出しているからだ。
世界有数の黒字企業が不振とは?!。
そもそも成長が永続する企業などありえない。

さらに日本もシェアが高いだけ。
市場は飽和状態にあり、完全に頭打ち。
一方日本より成長率高い国もある。

もう一つのパターンは新味がない!。
毎回くり返される新味がない批評だ。
革新は必ず成熟サイクルに移行する。
革新が永続することなどありえない。

間違いだらけはすべてマスコミ自身の問題。
アップルはマスコミを映す鏡でもある。
しかし自覚しているとは思えない。
自覚しない限り劣化は止まらない?。

尽きぬ災害

防災の日に台風直撃!、防災訓練が本番?。
台風に豪雨、地震と毎年大災害が発生する。
場所を変えて必ず発生する。

先進国として災害対策も進んでいる。
だから多い割には犠牲者が少ない。
しかし努力の余地はまだまだある。
皆が明日は我が身として捉える必要がある。

災害の多い国に暮らす者の義務。
恵まれた土地に住む代償と考えるべきだ。
四季があり、水も豊かで自然も豊か。
海に囲まれ、海産物も豊か。
反面洪水もあれば津波もくる。

まさに豊かさの代償?。
砂漠で暮らせば洪水も津波もない。
恵みに感謝して災害に備えることが人の道。

感謝もせず、備えないのは自業自得。
あげく災害に恨みごとをいうとしたら。
自然(地球)は自分(人)を中心に回るべき!。
というがごとしだ。

すべての天災は普通の自然現象にすぎない。
あって当然、なければ恵みも生まれない。
異常気象という表現がよく使われる。
地球の長い歴史で見ると無風に等しい。